• ホーム
  • ダイエットピルには吐き気などの副作用がある

ダイエットピルには吐き気などの副作用がある

ピルといえば避妊薬を思い出す人が多いことかと思われますが、最近巷注目されているダイエットピルというのが話題になっています。
ダイエットピルは、脂肪を吸収させずに便として排出する作用と中枢神経に作用することで食欲を抑えてダイエット効果を促す薬で体重の減少させていきます。
ダイエットサプリなどは、脂肪を燃焼させたりする作用があるものが多いですが、ダイエットピルは中枢神経そのものに作用したり内臓機能に働きかけることで食欲を抑制していくので、脂肪を燃焼させるような効果はないといって良いでしょう。
基本的に医療機関で処方され、それぞれの肥満の状態や太ってしまう原因に合わせて薬が処方されていきます。
効果については個人差があり、1ヶ月ほどで痩せてきたという人もいればダイエットピルだけで痩せられずその他のプログラムと合わせてやっていくことで効果を発揮する人がほとんどのようです。
また、副作用については中枢神経に作用させるので精神的な服用が出ることもあるとされています。
うつ症状や不眠などのほかに吐き気や嘔吐などの副作用も出ることがありますので、症状があまり落ち着かない場合には無理をせずに服用を中止して医療機関に相談に行くようにしましょう。
また、内臓機能にも働きかけることから、排便障害やビタミン欠乏症などの副作用が起こることもあるので注意が必要といえます。
せっかく痩せられたとしても、副作用によって健康被害が起きたり精神が蝕まれては元も子もありません。
日本女性は痩せたいと思う傾向にある人が多いので、医療機関ではなくネット通販で購入する人も多く、その場合は体への負担や影響を考えて服用するように心がけましょう。
ダイエットピルはあくまでどうしても痩せられない場合の最終手段として選ぶのが良いといえます。