• ホーム
  • ピルと長距離移動と抗エストロゲンの併用について

ピルと長距離移動と抗エストロゲンの併用について

手のひらにあるスプーンのカプセル

ピルは、毎日服用することで避妊効果を得る避妊薬で、避妊効果以外にも生理不順やPMS、更年期障害の症状の緩和や卵巣がんや子宮体がんなどの発生リスクを軽減する効果なども期待で着ることから、最近では避妊目的以外で服用する人も増えてきています。
一昔前に比べてピルを服用することでの副作用が少なくなったことも服用する人が増えてきたことと関係していると思われます。
ただ、少なくなったからといって全くなくなったというわけではないので安易に考えるのはやめましょう。
ピルの副作用の一つに、血栓症になるリスクがあります。
ただ、子の副作用は喫煙者ではなく非喫煙者であればあまり気にする副作用ではないとされていますが、実は環境に変わってはリスクが高まる恐れがあります。
海外に旅行に行く際に、長距離を移動するのに飛行機に乗るのは一般的ですが、飛行機の中というのはあまり動くことがないためピルを服用していると血栓症になってしまうリスクが高まるので注意するのが望ましいでしょう。
また、ピルには一緒に飲み合わせてはいけない薬などもあります。
乳がん治療を行う場合、ホルモン療法として抗エストロゲン剤を投与することがありますが治療においてエストロゲンが増えないようにしているのにピルで補充してしまっては何の意味もないので併用するのはタブーとされています。
副腎皮質ホルモンであるステロイドとの併用も好ましくないとされています。
その他に、バストアップサプリなどで植物エストロゲンが豊富に含まれているサプリとピルを併用すると、女性ホルモンが過剰に活発化しすぎることでホルモンバランスが崩れて体調を崩す恐れがあるので避妊効果を取るかバストアップを取るはよく検討して絶対に併用しないように気を付けましょう。

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ